習志野市 眼科 てらお眼科 加齢黄斑変性

top

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性は、網膜の中心窩にある黄斑部が老化により機能が低下するために起こります。
見ようとするところが見えにくくなり、50歳を過ぎた頃から見られ、 高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加している病気です。
「視力が良かったのに突然発病した」という気付く例が多く、女性よりも男性の発症率が多いといわれています。

主な症状

次のような症状が出た場合、早めに当院までご相談ください。

  • 視界がゆがむ
  • 視力が低下する
  • 視野が部分的に見え辛くなる
  • 周りは正常に見えるが、見ようとするもの(中心部)が見えない など

加齢黄斑変性の予防

加齢黄斑変性は、加齢により誰にでも起こる可能性のある眼の病気ですが、発症のリスクを高める原因として喫煙、肥満などが挙げられます。
特に喫煙による酸化ストレスが眼に蓄積すると、眼の炎症を引き起こしやすくなり、発症の原因となってしまいます。
そのため加齢黄斑変性の発症予防や、進行を遅らせるためには禁煙が非常に有効であるといえます。

主な症状

抗VEGF抗体の硝子体注射

脈絡膜新生血管の成長を活性化させる体内のVEGF(血管内皮増殖因子)という物質の働きを抑える薬を眼の中に注射する治療が一般的です。
これにより加齢黄斑変性の原因である新生血管の増殖や成長を抑えることができます。

診療のご案内
  • 一般眼科
  • ドライアイ
  • 白内障
  • 日帰り白内障手術
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症
  • 花粉症
  • オルソケラトロジー