習志野市 眼科 てらお眼科 白内障

top

白内障

白内障とは

白内障とは、目の「水晶体」と呼ばれるレンズが濁る病気で、大きく分けると「先天性白内障」と「老人性白内障」があります。
白内障は「老化現象」の1つで、50才で50%程度、70才で80%程度、80才以上ではほとんどの人がかかる病気です。

症状としては、うす暗い所では異常はないのに、外や明るいところでは見にくい。徐々に視力が低下して、目がかすんでいく気がする。このように白内障は、目がかすんだりまぶしく見えるというのが最も多い症状です。

白内障の原因には、アトピー性皮膚炎、糖尿病、先天性白内障、外傷、薬の副作用、その他の目の病気などさまざまありますが、ほとんどは老化によるものが多いです。

白内障の予防

「薬物療法」「食事療法」等の方法はありますが、それぞれ進行を遅らせる働きはあるものの、白内障そのものを治すものはありません。
ただ、だからといって効果がないわけではありません。

食事療法でいうと、ポリフェノール、ビタミンC・Eなどの抗酸化作用のある食べ物を摂取することで、白内障の予防になるとともに、他の病気への予防にもなるので、「脂っこい食事や糖分を控える」「緑黄色野菜をたくさん摂る」「水分をたくさん摂る」など、食生活で工夫できることを実践してみましょう。

白内障の治療

日常生活に支障がない程度であれば点眼薬により、白内障の進行を遅らせます。
ただし、点眼薬による治療はあくまでも水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を根本的に改善するものではありません。
白内障が進行して不自由を感じるようになれば手術を行います。当院では日帰り手術を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

» 日帰り手術の詳細はこちら

診療のご案内
  • 一般眼科
  • ドライアイ
  • 白内障
  • 日帰り白内障手術
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症
  • 花粉症
  • オルソケラトロジー