習志野市 眼科 てらお眼科 緑内障

top

緑内障

緑内障とは

緑内障は、眼圧によって眼球の後ろにある視神経が障害を起こし、視野が狭くなっていく病気です。病気の進行を遅らせるために、眼圧を低くコントロールする事が有効とされています。
しかしながら、視神経は一度障害を受けると残念ながら回復しません。
緑内障は特に早期発見、早期治療が大切ですので、40歳になったら1度検査を受けることをお勧め致します。

緑内障の進行

 

目の中心から少し外れたところに暗点(見えない点)ができますが、ご自身で異常に気付くことはほとんどありません。

 

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない視野)が広がっていきます。
しかし、この段階でも片方の視野によって補われているため、異常に気付かないことが多くなっています。

 

視野が更に狭くなり、視力も低下して、日常生活にも支障をきたすようになります。また、更に放置すると失明に至る危険性もあります。

緑内障の治療

早めに発見し早めに治療すれば病気の進行を抑えることができます。
治療は主に点眼薬により行います。
ほとんどの場合、点眼で十分な治療効果が得られますが、点眼を行っても視神経の障害が進むときは手術による加療を要する事もあります。
手術が必要な場合はご相談の上、高度医療機関をご紹介致します。

診療のご案内
  • 一般眼科
  • ドライアイ
  • 白内障
  • 日帰り白内障手術
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症
  • 花粉症
  • オルソケラトロジー